メインイメージ 推奨サイズW800×280px

WELCOME

妊娠時に便秘を訴える人が増えています。
つらい便秘をどのように解消出来るのか、
また、どうして妊娠中に便秘になってしまうのかを説明します。

なぜ妊娠すると便秘になってしまうの?

元々、便秘だった人も妊娠をきっかけに、
より便が出にくくなり「つらい便秘」を感じることがあります。
また、妊娠前は便秘ではなかった人も妊娠をきっかけに、
頑固な便秘になってしまうことがあります。

どうして妊娠すると便秘になるのでしょうか?

考えられる理由は、大きく分けて2つになります。
1つは、ホルモンバランスの影響、もう1つは、お腹が大きくなった事です。
それぞれの原因について、詳しくご紹介します。

ホルモンバランスの影響

プロゲステロンという黄体ホルモンをご存知でしょうか?
妊娠すると、このホルモンが多く分泌されます。

このホルモンというのは、腸のはたらきを抑制してしまう作用があるため、
妊娠中は便秘になりやすい状況にあると言えます。

また、上記のようなホルモンの影響から妊娠前とは違う、
ホルモンバランスとなるため、自律神経失調症の状態となり、
神経伝達が鈍り、スムーズに排便が出来ないという原因も考えられます。

お腹の赤ちゃんが大きくなった事

お腹が大きくなるというのは、つまり、赤ちゃんが育っているという事です。
とても嬉しいことではありますが、赤ちゃんが大きくなることにより、
子宮が腸を圧迫してしまっている状態にあります。

この状態は、腸の幅を狭くしてしまうことになるために、
便の詰まりや排便反射が鈍り、便秘になってしまうことがあります。

その他、本来便に行くはずだった水分も赤ちゃんに届けられるため、
便の水分も失われやすくなってしまうのです。
切れ痔になってしまう事もあるため、妊娠中であったとしても、
どうにかスッキリ便秘を解消したいものですよね。

妊娠中の便秘を解消するにはどうすればいい?

妊娠中の便秘は、思っている以上につらい物です。
お腹が大きくなってくると、トイレでいきむ事も出来なくなるため、
余計にスッキリ便を出すことが出来なくなってしまいます。

では、妊娠中のつらい便秘をスッキリ解消する方法はないのでしょうか?

妊娠中でない人の便秘であれば、色々な方法が考えられますが、
お腹に赤ちゃんの居る妊婦さんの場合、便秘を解消するにしても、
体に安全であることが第一条件です。

お腹の赤ちゃんに絶対に影響のない便秘解消法といえば、
腸内を改善することです。腸内を改善することで、妊娠中の方でも、
スルッといきむ事なく、排便することが出来るようになります。

腸内を改善といっても具体的に何をすれば良いのかと言うと、
腸内の善玉菌を増やしてあげる事です。
善玉菌という言葉は、耳にしたことがあると思います。

善玉菌を増やすことで腸内を「酸性」に改善する事が出来、
ぜん動運動を盛んにするだけでなく、水分もしっかり腸に送る
事が出来るようになります。

善玉菌を増やすには、既にあなたの体内にある善玉菌を、
活性化してあげればいいのです。オリゴ糖などは、善玉菌の一種である
ビフィズス菌が好む物ですので、活性化することが出来ます。

こうすることで、妊娠中のつらい便秘を解消することが出来るのです。